洗髪のシンプルな鉄則!夜シャン・地肌を乾かす・塩素除去で髪にコシ

夜疲れて帰ってきてシャンプーするのが「めんどうくさい~」って思うことありますよね。

洗髪後はドライヤーで必ず乾かさないといけないの?とか、髪がぱさつくような気がするって思うことありませんか。

今回はシャンプーをするのは夜がいいことや、洗髪後はドライヤーで乾かしたほうがいいですよ、シャワーヘッドを取り換えるだけで髪のぱさつきも違ってきますよ、というお話をします。

朝シャンは髪の毛にとっては良くないことばかり

背景ありの写真、シャンプーをする女性。

朝は何かと忙しいですよね。

朝の限られた時間でシャンプーをしていると、どうしても洗い方が適当になりがちではないですか。

時間がないからって適当に洗ってしまうと、頭皮の汚れがとりきれなかったり、すすぎが不十分になったり、髪の毛にとっては良くないことばかり。

濡れた髪の毛を乾かすときも、早く乾かすためにむやみにドライヤーを使ってしまいますよね。

過度に使われるドライヤーの熱風も髪の毛にダメージを与えます。

また、夜はシャンプーをしないで、朝、起床後にシャンプーをする場合、頭皮が汚れたまま寝ていることになりますよね。

「夜中に肌が作られる」とか「睡眠に入ると成長ホルモンが分泌され、肌の再生が始まります」などよく言われますが、肌と同じように髪の毛の成長も夜中におこなわれます。

頭皮の細胞が生まれ変わり、毛根で新たな髪が育つのは夜。

頭皮に汚れが残ったままだと、髪の毛は成長できないのです。

頭皮に汗や酸化した皮脂が付着していると、細胞の修復がうまくおこなわれません。

そのうえ、睡眠に入ると体温が下がるので、肌や頭皮も日中に比べて冷たくなります。

冷たくなると、分泌された皮脂が毛穴の周りで固まってしまい、朝シャンしても汚れ落ちが悪くなってしまうのですね。

朝シャンは頭皮をダメージにさらしてしまう?

背景ありの写真、紫外線にさらされる女性の頭皮。

シャンプーをすると、汚れとともに頭皮の皮脂もリセットされます。

なので、皮脂膜のバリア機能も発揮されません。

つまり、外部刺激に対してきわめて弱い状態です。

皮脂分泌されてもとどおりの皮脂膜が形成されるまでには、1~2時間かかります。

ということは?

そうなんです、朝シャンプーをするということは、無防備な頭皮を紫外線にさらすことになります。

無防備な頭皮を紫外線にさらしているなんて…

なかなか、そこまで意識することは少ないですよね。

でも、無防備な頭皮を紫外線にさらすと、炎症から薄毛や白髪の原因になることもあるので、気を付けましょう。

髪の毛や頭皮のことを考えると、朝シャンより、夜シャンをおすすめします。

髪を洗ったら地肌をしっかり乾かす

背景ありの写真、髪を乾かす女性。

シャンプーの後、必ずドライヤーで乾かしたほうがいいの?って思いませんか。

基本的には、洗髪したあとはドライヤーで髪の根本の地肌をしっかり乾かしたほうがいいです。

髪や頭皮を濡れたまま放置すると、頭皮が蒸れて雑菌が増えてしまいます。

増えた雑菌は皮脂をエサにして増加。

雑菌が皮脂をエサにするので、一時的に皮脂が減ると、体はよけいに皮脂の分泌を活発に行います。

結果的に皮脂が過剰分泌されてしまうのですね。

皮脂の過剰分泌は薄毛の原因に。

他にも切れ毛が増えたりなど、濡れたままでいると頭皮トラブルのもとになります。

髪や頭皮を濡れたまま乾かさないでいると、何かと良くないことが多いですね。

だったら乾かした方がいいのは何となく分かったけど、乾かすときのポイントとかあるの?って思うかもしれません。

まずは洗髪後、タオルドライをしっかりすること。

そして、地肌をドライヤーでしっかり乾かすことがポイントです。

ただ、ドライヤーの高温は髪にとってよくないので、なるべく髪から距離を離して当てるようにしましょうね。

髪の毛そのものは多少湿っていてもかまいません。

ドライヤーによっては、地肌にやさしい温度の風で地肌をやさしく乾燥できる「スカルプモード」を搭載しているものもあります。

スカルプモードがあるヘアードライヤーの1つの例としてはこちらのパナソニックの公式サイトにありますよ。

ヘアードライヤーも進化していますね。

シャワーヘッドの交換だけでぱさついた髪の毛がしっとりする

背景ありの写真、シャワーヘッド。

水道水の塩素を除去する機能の付いた浄水シャワーは、女性からの人気が高いですよ。

塩素によってぱさついた髪の毛がしっとりするとか、髪にコシが出てきた気がするとか、かゆみがなくなった気がするなど評判です。

塩素の入った水道水でシャンプーをしていると、頭皮にいる常在菌さえもなくしてしまいます。

常在菌は頭皮を健康な状態に保ってくれる善玉菌。

なので、なるべく生かして頭皮の菌の環境をよい状態にしておく必要があるのですね。

シャワーヘッドを塩素が除去できるものに取り換えるだけなので簡単です。

塩素除去機能のあるシャワーヘッドはホームセンターやインターネットで購入できますよ。

カートリッジを一定期間ごとに交換する必要はありますが、育毛を考えるならおすすめです。

おわりに

背景ありの写真、おじぎをする女性。

いかがでしたか?

今回は、「洗髪のシンプルな鉄則」についてお話しました。

夜は疲れているから頭を洗うのがめんどうとか、必ずドライヤーで乾かしたほうがいいのかなあと思うかもしれません。

また、すすぎをしたあとに髪の毛がぱさつくような気がするってこともあるかもしれませんね。

今回のお話で、髪の毛や頭皮の健康を考えるきっかけになれば、うれしく思います。

塩素除去のシャワーヘッドは、取り換えるだけで、塩素によってぱさついた髪の毛がしっとりするとか、髪にコシが出てきた気がするなど評判ですので、試してみるといいですよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね。